太陽光設備廃棄費徴収制度

太陽光設備廃棄費徴収制度

先日お客さまより頂いた米良新聞より、2022年7月から廃棄費(10kW以上)を売電費用から徴収されることになります。

徴収される金額は設備の容量や設備認定の年度によって異なります。

実際には毎月の発電量から徴収されることになり電力会社によって、売買料金から相殺されることになります。

再生可能エネルギーが急速に拡大し、中でも太陽光発電事業を中心に導入が拡大しています。

太陽光パネルには、鉛・セレン等の有害物質が含まれていることなどから、発電事業の終了後、太陽光発電設備が放置・不法投棄されるのではないかといった懸念から制定されました。