降雪・積雪に伴うロードアシスタンス臨時対応について

【自動車保険】
降雪・積雪に伴うロードアシスタンス臨時対応について
気象予報によると1月9日頃にかけて、北日本から西日本の日本海側では平地も含めて、太平洋側では山地を中心に大雪となるところがあり、太平洋側の平地でも積雪するおそれがあります。ロードアシスタンス(以下、RA)専用デスクへの電話がつながりにくい状況となることが予想されるため、RA専用デスクの臨時対応について連絡します。

1.大規模災害発生時のRA専用デスクの対応

(1)特別フローの実施
罹災地域においては出動可能な業者が不足し、業者の手配までに非常に時間がかかる場合(以下、手配難航)や、出動できる業者が見つからない場合は(以下、手配不可)状況を説明し、以下のア、イのいずれかをお客さまに選択していただきます。
ア、お客様手配
  ご自身でレッカーを手配して、後日請求
イ、RA専用デスク手配
  レッカー手配の予約受付(日時約束無し順次対応)

(2)臨時対応時における音声ガイダンスによる案内
手配難航・手配不可が継続して電話がつながりにくい特定の地域が発生した場合は、電話がつながりにくい地域を対象に自動音声ガイダンスを流します。
費用の一時立替があった場合は、領収書の取り置き、後日専用デスクへ連絡が必要です。

【注】ぬかるみ、雪道、砂浜などのタイヤのスリップ、スタック(空転)は当社RAの対象外となります。また、レッカーけん引、応急処置などにおいて補償範囲を超過した費用、チェーン着脱やタイヤのパンク修理や鍵の作成費用などはお客様負担となります。