「大雨注意報」補償内容を確認して災害に備えましょう!

【大雨注意報】

西日本を中心に発達した雨雲が次々に流れ込み線状降水帯が相次いで発生しています。すでに災害の危険が高まっていますが、九州~東北にかけては雨の降りやすい状況が続いています。

突然の大雨、近くに川や山は無いから大丈夫…と安心していませんか?
水が行き場を失って溢れ出す都市型洪水も増えています。近くに川や山がなくても、洪水や土砂崩れによる損害が心配です!

台風や暴風雨などにより発生する洪水、高潮、土砂崩れ。これらの被害は、水災補償をつけていないと補償されません。最近では、突然の水量増加に行き場を失った下水などが溢れる都市型の洪水も増えており、多くの方が水災の危険と隣りあわせに暮らしているといっても過言ではありません。

対象になる保険は、火災保険の「水災」です。
しかし、条件があります。

●建物が保険の対象の場合

台風や豪雨等によって洪水となり、家屋が流されるなど建物の協定再調達価額の30%以上の損害(*)が生じた場合や、居住部分が床上浸水したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

●家財が保険の対象の場合

台風や豪雨等によって洪水となり、家財が流されるなど家財の再調達価額の30%以上の損害(*)が生じた場合や、保険の対象である家財を収容する建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。
(*)保険金のお支払い方法が『新価・実損払』の場合

ということは、対象となる建物、家財に被害が無いと対象外になります。また、床下浸水、車庫や塀、室外機などの破損は支払対象になりません。

皆様今一度ご自身の補償内容を確認して、災害に備えていきましょう。