スエズ運河座礁事故巨額賠償等保険で大半カバー

【スエズ運河座礁事故巨額賠償等保険で大半カバー】

今回の事故でスエズ運河庁の通行料の損失、運河の修繕費用などは、「船主責任保険(Protection&Indemnity Insurance)=通称P&I保険」でカバーされます。

また、事故で足止めされた424隻の船の貨物の損害(食品が傷んだ。積荷が遅延し損害が発生した等)正栄汽船に賠償請求することは可能だが、一般的に事故との因果関係の立証が難しいとされており、通常は荷主が自ら加入した保険で補償を受けることになります。

一般社団法人日本損害保険代理業協会 記事引用

【スエズ座礁事故】 運河庁からの賠償請求、法的上限 30億円強か。船主、P&I保険でカバー 日本海事新聞